« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

お疲れちゃーん

帰るなり玄関で撃沈↓




フォーカスされてやんの

| | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

連ちゃん

おとといはボーズの運動会
んで今度の日曜は娘の運動会




 だるぅ~



てかよー
俺ん時はオヤジなんていちども来たことがないぞ
もしオヤジが見に来るとか解ってたら逆に怖いし
リレーとかテンパって走れたもんぢゃないばい

だから娘よ!
来なくて良いよってゆってくれ~(泣)


週末どなたか酒呑みでも誘ってくらはい
日曜日寝込めますので(爆)

| | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

天日干し


一ヶ月ぶりくらいにSevenに触れたw


ここんトコ天気がかんばしくなかったので車庫の湿度は相当なもん
昨日は太陽もちらほら出てたんでSevenを干してあげました

ついでに例のファンネルをフィッテングしてみた
うんうん、なかなか良い感じ♪

またまたついでにインナーヴェンチュリーも全て外しました
"バリ取り"でもして吸入効率を少しでもアップさせちゃろうって魂胆っす


それにしても昨日はドライブ日和だったよなー

| | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

落ち込み度数3

声出しかくにーん!


スプリング位置かくにーーん!
インナーワッシャーよーーっし!
アウターワッシャーかくにーーん!
ネジのゆるみなーーーしっ!
ちゅーーゆおっけー!
ホイールボルト全て完了!


 ジャッキ降ろします隊長(誰だ?w)


ジャッキ降ろしまーす!




こんな具合で作業は終わるはずだったです
「ふぅ」と汗をぬぐいながら後ろを振り返る



 ぐげ




ぶ、ぶーつ・・・( ̄◆ ̄∥

| | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

新たな入り口 -迷いこんだら泥沼だw-

てかもう腰下まで深みにハマっとるわい(爆)



久々のSevenネタ


ずっと探してたファンネルをようやくGETできました
モノはウェーバー用ではなくソレックス用純正
新品はバカ高くてとても手がでましぇん
今回ももちろんオークションで落札しました
コレがまた競争率めちゃ高いのよ
だから速攻で希望価格入れちまった



現物を見て思ったのはラッパの開き具合がウェーバーとは段違いだとゆう事
これでファンネルまわりのエアをいっきに吸い込むんだな
なんか着ける前からわくわくする(^^;

問題がひとつ
ウェーバー本体のファンネル取り付け口径は45ミリ
対してソレックスファンネルの装着側口径は48ミリ
その段差3ミリをどう処理するか・・・
ウェーバーの取り付け面を削るしかないでしょうね い、いいのか?


ここんトコずっとエンジンは絶不調
原因は多分キャブ
このアイテムを装着する事で少しでも調子が良くなればなー
キャブレターってホント、難儀でんなー



USEDだけど超綺麗っす 間違いなくお買い得でした

| | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

すげぇ内容でした


猪・鹿・馬・・・

すげえ内容のバーベキューを体験しました
ビールの呑みすぎで今朝はなにかしらテンパってますw


えびちゃんとご家族に感謝です
おご馳走さまでした

| | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

鉄粉まみれでどうにか

リアスプリングの"受け"が何とかできました


ほぼ5日間、その内2日間はおさぼり君っす (途中で飽きるしw)
だから正味3日くらいで仕上がりました
おーる手作業につき小傷は勘弁してくだせえ



 こりゃも~立派な削り出しでしょ!? だれか賛同してくだしぇぇぇえw



材料費のアルミと専用の切削道具で今回も随分と出費してしまった
全部コミコミで6kくらいにはなってるかも
業者に発注した方がお手頃なのかなあ・・・


今回は軍手がドリルに巻き込まれる事2回、グラインダーで指の皮を削る事3回
でも何とか血を見ずに済みました
グラインダーの安全カバーを外しての作業は正直生きた心地がしませんでした



この"受け"の効能はダンパーストロークが確保されるとゆう事
そのストローク(自由長ってゆう?)は今回4センチから5センチくらい
これだけあれば強化スプリングの"締りw"と相まってばっちしだろうね
前回仕様のストロークは2センチあったかどうか・・・考えたら怖いっす


でも・・・
これでもし車高が下がらなかったらどうしよう
今までの苦労と恐怖が水の泡・・・ ぁゎゎゎゎゎ




実はまだ1個しか出来とらんとです(泣)

| | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

これって焼きいれ?

直径80mm厚さ15mm
このサイズの円柱をアルミ無垢から削りだす
手持ちアイテムはグラインダーのみ
軍手を二重に着けててももの凄く熱いです

やむなく冷却水を準備
水槽に投げ込むように放ると“じゅわ”っとゆう音と共に湯気が立ち込めます
投げ込んだアルミを取り出し再び削る・・・
その際、軍手に付いた水分が残ってると間違いなくやけどします


 とゆうかやけどしました(爆)


高温になったアルミを水にひたす事によって強度は増すのかな?
刀を作る時も同じようなことするって聞いたことがあるし
あれって油系の冷却液だったっけか?


出来上がった円柱はさらに直径40mmの穴が空けられます
更に本体外側から10mm内側に深さ10mmの段を彫ります
と書いてるけど・・・
こんな文章ぢゃわかんねーな(笑)



↓ここまで2時間近く掛かります

| | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

さば読み?


タコメーターの取り付けに挑戦してみた


モノは新品でも超チープ
送料込みでも5千円そこそこ
でもシフトランプ付いてるし機能はこれで充分

本体はダッシュボートのほぼセンターに配置
シルバーボディのタコメーターがFウィンドウに少し写り込んで走行中に気になりそうだけどまあ良しとする
本体の取り付け穴を考えなしに開けちまったお陰で最初の2穴は取り付け不可能(爆)
3つ目の穴でなんとか配線を"地下"に埋葬できましたw

そして配線作業
タコから伸びる4本の線のうち、まず黒線(アース)を接続
そのあとに白線(イルミ)と赤線(電源)と順次すすめる

これかな?って思うベース線にマチ針を刺し(良いのか^^?)検電しながらの作業は続く
白線と赤線を接続し終わるのに6本の線に針刺しました(^^;;;
これら3本の線は全てテアリングコラムカバー内の配線からとりました

問題なのがエンジン回転数を検知する緑線
イングリッシュな取り説には


 "green ナンターラ IG カンターラ モニョモニョモニョ"


みたいに書いてある(笑)
ま、イグニションのことだべっさ
とばかりに室内からエンジンルーム内に線を這わせる


 IGへの配線は4針目で成功(^^;;;


ひと通り完成しいよいよエンジンを本始動
エンジンのウナリと共に回転計は跳ね上がる
シフトランプも鮮やか
“もゎぁ~ん”とゆっくり点灯しますw


しかし針の動きがイマイチ本体のタコ針と同調してません
3千回転くらいまでは同じ、でもそれから少しずつ差が開く
あと付けタコの回転が7千回転の時、本体のタコ針は8千回転・・・

まさか高回転好きユーザーを喜ばせる為のH●NDAの演出なのかw
それとも単なる配線ミス??

| | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

ジレンマ

新明解国語辞典より

ジレンマ【dilemma=二つの仮定・命題】
薬Aを投与することによって、症候Xは治まるが、新たな副作用が予想される〔大前提〕
投与しなければ、症候を抑えることは期し難い〔小前提〕
結局、Aを投与しても投与しなくても、症候を完全に治すことはは不可能だ〔帰結〕

とするような物の考え方。両刀論法。



この論法を現状のマイレーサーに当てはめてみる

リアにシャコチョーを投与することによって、車高は落ちるが、短かすぎるダンパーの影響でダンパーストロークが著しく不足する(てかほぼ無くなる^^;)とゆう新たな問題が発生する〔大前提〕
投与しなければ間延びしたノーマルな車高を落とすことは難しい〔小前提〕
結局、シャコチョーを投与しても投与しなくても、症候を完全に治すことは不可能だ〔帰結〕





って帰結してんぢゃねー!!




要はダンパーのアッパーマウントをもっと上にすりゃ良いんだよな~
スプリングの位置はそのままに・・・
ノーマルのダンパーマウントを加工して・・・
バネ受け自作して・・・

頭ん中ぢゃうまくいくんだけどな~~~



脳味噌がバネだらけです ぼよよ~~~ん




見よ!この恐ろしい位に間延びした車高をw

| | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

家族サービス週間

何を思ったのか・・・


先月27日、何の脈略もなく山に登ってきましたw
日ごろから家族を放置してる(されてる?)罪滅ぼしとでも申しますか・・・

あまし高くない近場のHな山に息子と甥っ子を駆り出します
途中、お約束どおりのルートミスw
四つんばいになって30分ほど迷走しますた(笑)

何はともあれ無事頂上を制覇

標高630m(しゃばw)
登り2時間、下り1.5時間かかりました


今日になってふくらはぎ、太ももぱんぱんです
背中は肩はごりごりゆうてますw
実はmy左ひざは一部サイボーグですんで下りの道のりは油が切れて超辛かった
キコキコゆうてましたw
しかし下山があんなに恐ろしいもんだとは・・・
足がまたーくゆうこと効かんとですw


つくづく体力不足を感じたいち日でした




甥っ子(右)も大きくなりました(毛はまだ生えとらんですw)

| | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »