« 激写!F社プロトタイプ! | トップページ | 男性機能とかけて牽引フックと解く »

2007年3月29日 (木)

春なのに潜ってます(^^;;;

 

 

春だとゆうのに・・・
俺は車の下に潜って、一体何をしてるんだw

 

まーあれだ。
年度末は色んな出費が重なるわけで。
色々考えてたら車の下にでも潜り込みたくなるってもんだ(笑)

 

そーゆーわけで、どなたか俺にお金を貸してください(爆)

 

車体の下に潜り、これらを使って作業に励みます。

20070328a 大した道具使ってねーなこりゃw

 

んで実は、車体下部のシャシに穴ば開けようとです。

20070328b だらしねー穴だぜ ったくぅ(笑)

 

 

牽引フックのマウントに最適な、ボルトを通すための穴。
これをシャシのフロント部に見つけたまでは良かった。
だけど、その穴までにはどうやっても手はおろか、指も工具も入りません。
その穴以外、めぼしい穴を見つける事ができず・・・

車体の“骨”にメスを入れるのには抵抗があったけど。
意を決してドリルで穴をあけ、アクセスしやすいようサービスホールを作ってあげました。

しかし軽自動車のシャシって柔いんだか硬いんだか(^^;;;
ドリルは思うように穴あけできないし。粗めヤスリ使っても、何だか一向に削れません。
そのくせ、鉄の棒を突っ込んで軽くひねってみると、簡単にぐにゃって波打つ始末w

こんなシャシに牽引フックをつけて、果たしてそれはちゃんと役割を果たすのだろうか・・・

 

でも、こればっかりは「お上」のお達し」 だから付けない訳にはいかないしなー。

 

 

ま、要は牽引されなきゃ良いわけで。
見栄えだけ は気を使い、しっかり感を出しとこうw
あと見えない部分は、・・・ごにょごにょごにょ(^^;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

 

 

|

« 激写!F社プロトタイプ! | トップページ | 男性機能とかけて牽引フックと解く »