« 波乱のF-1グランプリ | トップページ | アクセルペダルの最適化 »

2007年7月26日 (木)

掘りごたつ対策^^;

 

 

本日の対策君(^^;;;

 

Sevenの足元って、走り出すととてつもなく熱くなります。
当然、夏場の熱気はなおの事。

要は、ペダルボックスの熱気を抜いてやれば良いわけで。
そこにエアを送ってやれば、そこに溜まっている熱気はどっかに逃げていく筈なわけで。
でもサイドパネルに穴を開けるのはかっちょ悪いし・・・

そんなこんなで、前々から構想は練っていたんです。
そして、ようやく頭ん中でまとまったってんで実行に移してみる事にしました。

 

エアの導入口は、ペダルボックス上部のカバーです。
標準のカバーに、いきなり穴あけをする勇気はありません(^^ゞ
なので、持ち合わせの薄いステン板を切り出して対応しました。
このお手製カバーのサイドに、直径40mmほどの丸穴を開けます。
そしてその穴に、某事情により取り外した排水口パイプ(^w^)を20cmほどにカットし突っ込みます。
をいみなの衆、使えるぜーこのパイプはよーーー(^^v

070725a 左のペダルボックスが標準物ね。

 

これに、長さ1m程の大口径ホースを突っ込んでと。
いちお、この状態で商品の完成っす(笑)

070725b 空気の流れが解るよう、ホースを透明にしてみましたw

 

エアの取り入れ口は、もちろんノーズの先端です。

070725c_2 ホースが見にくいので赤線で強調してみましたw

070725d ラジエターの横からエアを取り込みます。

 

ま、これはあくまで実験ですからぁ。
もし巧くいったら本格的にかっちょええモンを作ろう思てます。

いや。
もし巧く出来てたら、きっとそのまま使い続けるなきっと(笑)
ホースが溶けても知らんで~

 

 

 

 

 

 

|

« 波乱のF-1グランプリ | トップページ | アクセルペダルの最適化 »