« 元祖肉 | トップページ | バカネ 再び! »

2011年4月13日 (水)

フェデラル インプレッション

 

 

某日

路面: オールドライ

気温: 朝涼しく昼暑いw

走行距離: 440km(高速235km含む)

装着タイヤ: SS595

空気圧: 前後ともに1.8bar

 

ま、アウトラインはざっとこんなもん。

 

 

そんな状況下において、

まず感じたのは、やっぱし絶対グリップの低さっす。

クラッチをラフに繋ぐと、

キャキャッ ってすぐに鳴きます(サルかw)

国産タイヤでゆうところの、ネオバやRE11なんかの

2ランクダウンって感じっす。

 

サイドウォールの剛性が弱弱なのは噂どおりっす。

急ハンドルをくれてやると、ぐにゃってきます。

あら?って思って、

そこでアクセル緩めたりするとちょっちヤバいです。

リアが にゃ~~~っ て流れるですw

まあこれは駆動方式で違ってくると思うです。

要は丁寧にステアしてあげる事。これに尽きます。

するととそれなりに、ナチュラルにたわんでくれます。

そうゆうイメージを持ってドライブすると、

スキルの向上にもなる・・・と思うです。

 

高速道路での挙動はいいかも知んない。

マイルドな特性が良い方向に働き、

緊張を強いられる事がありません。

 

あとは何だ・・・

 

あーそうそう。

ブロックは飛びませんね今ンとこ(爆)

時速160キロまでは確認済み(某サーキットにてw)

 

問題は雨天時だな・・・

なんせテストする気が起きん。

そうなった日はぶっつけ本番ぢゃw

 

 

 

 

 

 

 

|

« 元祖肉 | トップページ | バカネ 再び! »