« 老いを実感(泣) | トップページ | 都井岬ドライブツアー(案w) »

2020年9月24日 (木)

運転支援システムを試してみた

 

連休中の高速ドライブは俺がかって出た。

往路だけーw

乗ったクルマはMAZDAの1.8Lディーゼルターボエンジンを積むCX-30。

Rps20200922_070140プレスラインがエロかね~w

 

エンジン音はさすがに興ざめw

室内で窓を閉めとっても耳障りばい。

そのうち慣れるけどね(笑)

 

高速の本線への合流は楽勝。

なかなかの加速。

 

で比較的通行車両の少ない大分道に入ってから、興味津々の運転支援システムを試してみる。

まずはオートクルーズを時速100キロに設定。

しばらく走ると車速が遅い前車両がみるみる迫ってくる。時速90キロ弱な感じ。

前車の50メートル手前に迫ったところで自車の制御が介入したばい。

結構な振動と共に多少首が前にもってかれるくらいの減速G。

ハンドルがぶるぶる、とゆうよりガタガタ震えたのは多分、気のせいぢゃないと思う。

前車両との速度差(時速20キロ弱)があったけんしゃーないとかな。

この時点で、うちのかぁちゃんが同乗しとるときにオートクルーズは使えんね。

急加速・急減速は乗り物に酔いやすい人は厳禁やもんね。

自分ひとりのドライブとか、酔わない人が同乗しとる時はこれはアリばい。

で、前車両を抜こうってウィンカーを右に上げ車線変更を開始した途端、クルマがかってにアクセルば踏み出したばい!

設定速度を超える加速はしないものの、これにはちょっと感動したばい。

走行車線に戻って(当然手動でw)再び時速100キロで定速走行。

 

今度はレーン逸脱機能の検証。

走行車線ば走りよって、意図的に左側の線(実線)をまたいでみたw

その瞬間、ハンドルがブルブル震えてモニターにはオレンジの警告灯が点滅。

次に走行車線から追い越し車線の線、こっちは点線やな。

これをまたぐとやっぱしブルブルってハンドルが震え警告サインが。

よう出けとる!

 

車線変更と車線逸脱にどんな違いがあると?

俺には解らん。

ウィンカーを上げとるか上げとらんかで判断するっちゃろか???

 

ちなみに、車線を逸脱した時にハンドルを自動で戻す機能ってのは確認できんかった。

ハンドルをそのままにしとくと壁に突っ込みそうで、思わず俺システムが介入してしまうったいこれが(笑)

ほんとに居眠りした時にしか解らんばいこの機能はw

 

追記:今回の総合燃費は燃料1リッターあたり約18kmとゆうことでござんした。

ストップ&ゴーがあんまりなかったけんねー。

 

 

 

 

 

|

« 老いを実感(泣) | トップページ | 都井岬ドライブツアー(案w) »

コメント

おっしゃる通り車線変更はウインカー作動で人為的に動きまっせってなってます。
ホンダeをデモカーで登録するので、来たら試乗で乗っていきましょうか?
途中チャージしなくて着いたら買うて下さい🤣

投稿: 笑い男 | 2020年9月24日 (木) 07時35分

ほう!
ひっさびさに予想が当たったね☆

ホンダe をデモカーに!
素晴らしい!
乗ってみたーい。

投稿: | 2020年9月24日 (木) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老いを実感(泣) | トップページ | 都井岬ドライブツアー(案w) »