2019年6月19日 (水)

装着完了!

 

ヘッダータンクが付きましたばい。

やっとって感じ。

なんせアメ公に注文した時からトラブルやったけんねー。

構想から、かるぅ~く1ヶ月半かかったばい。

 

まずは仮組みでタンクがおさまる位置を確認。

その上で必要と思われる補助ステーの位置をチェック。

もともとはエキシージ用のタンクとメインステーやけん、補助ステーを数本用意しなくちゃって思いよった。

ばってん、意外にも両車両は共通のステーを使っている模様。

どおやら補助ステーは1本で事足りるごたあ。

こんな感じ。

Rps20190618_085635 マーキングんごとステーば作りたいと。

最初にダンボールで型を取って、それに合わせてアルミを切りだすあるね。

Rps20190618_085700 マークしたトコを約60度に山折りw

ステーが完成したところで、本体との溶接にはご存知!匠@廣島屋さんにお任せ。

自分のミスで廣島屋さんにはご迷惑をおかけいたしましたm(_'_)m

毎度ありがとうございます。

それにしても相変わらず見事なフィニッシュ!

 

組み付けは大した作業ぢゃないんだけど、なんせ手を入れるスペースがなさすぎると。

スーチャー管、オイルライン、各種配線、そしてタンク本体。

その間を縫って配管ばせないかん。

エンジンルームをのぞき込むように作業せないかんけん腰にくるとよねw

配管の留め具がまためんどいったい!

パチンパチン指ば何回か挟まれたばい。

 

てなわけで格闘すること1時間。

念願のアルミヘッダータンク装着完了!

Rps20190618_085735 マウントは標準の3ヶ所に対して4ヶ所!

いい感じ♪

Rps20190618_085747 クーラントが確認できるおしゃれな小窓付きw

 

もっさりで半透明なプラスチック製タンクとは段違いにかっちょいい!

どこかレースのかほりがしてやる気まんまん感満載(笑)

 

Rps20190618_085806 対岸からの眺めw

補助サブタンクがかっちょ悪すぎw

 

最初っから解っちゃいるんだけどねー。

タンクをアルミに換えたところで熱対策には殆ど影響はないであろうって事。

ばってんちょっとの可能性でもあるんなら、かつ!パーツ代がそんなに高くないなら(笑)

そこら辺から潰していこうぢゃ~ないの~ってコンセプトをご理解いただきたい!

 

これでひと段落片付いたけん次はいよいよです。

本丸のラジエター交換ぢゃ!

 

金どーすんねん!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2019年6月12日 (水)

実験君

 

「ほらあそこ。エンジン横から生えてる線が2本見えるでしょ!」

 「これが水温センサー。ここに市販の水温センサーを刺せば水温が検知できます!」

とメカちゃんは豪語する。

 

全く?

信じとらんけどw

 

そこまでゆうなら試しちゃろうやないの。

試す水温計はメードイン中華。ポイ捨て覚悟ねw

水温を計る先っぽの鉄っちんをぶった切って例のセンサーから生えるコードに接続。

電源を取って準備完了!

 

さあエンジン点火するばーい。

キーをひねってイグニションおーん!

すると・・・ん?

エンジンが始動する前に?

 

冷却ファンが全開で回りだしたー!(笑)

 

あ~あw

 

まあね。

センサーはセンサーでもファンのセンサーやったワケやw

試しに1本外して両方外してってゆう実験もやってみた。

結果、1本はぬるい用の、も1本は熱い用の線って事が解った。

メカちゃん、勉強になったばーいw

 

今さらだけど、

ぶった切っちゃったんだよね~センサー(笑)

まあ2千円ちょっとやけんどーでもいいわw

 

実験その2。

ではその中華な水温計。

実際にちゃんと作動するわけぇ?

切った線を繋ぎ直し、エンジンが温まり始めたところでリザーブタンクの中にセンサーをちゃぽんと突っ込んでみる。

Rps20190612_062546 沸騰させたヤカンの方が良かったかな。

センサーを突っ込んだ瞬間、温度がみるみる上昇。

当たり前かw

 

中華の水温は車載されてる水温に比べて常時10℃低い。

Rps20190612_062600 車載センサーはこの時75℃前後。

これはセンサーの取り付け位置による違いかな。

車載のセンサーはエンジンから排出された直後に配置されてるはずだから。

違うかな?

そうゆう意味では中華もなかなか捨てたモンぢゃねーな。

もう買わんけどw

 

ここまでで、何かご質問は?w

 

 

水温計をつける時って、やっぱホースを途中でぶった切らんといかんのかなあ。

それってちょっとちゅうちょするばいー。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

つるぴか☆

 

 

できたばい。

つるぴかはげ丸君w

Rps20190521_053746 ま、こんなもんやろ。

剥離剤さまさまやね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

さてそろそろ大詰め、か?

 

 

アレもしたコレもした。

でシロウトの浅知恵ではもう、アレしか残っとらん(は?w)

最後のオペレーションになろうであろう、

っつーかなってくださいお願いw

最後の綱、冷却系へと手術のメスが入るわけなのでございます。

 

たださあ、シロウトなりに調べてみたけど、

どーもパーツを取り替えるだけぢゃ駄目のごたあ。

いやとっかえだけで治るならそれに越したことはないったい。

ばってん冷却と圧力の関係って最適なバランスがあるごたあっちゃんね。

もーこーなると俺はさっぱりお手上げ状態。

だいたいくさ、そうゆう課題、問題?

に言及してくれたショップな方はひとりたりともおらんわけよ。

考えすぎかなあ。

 

ここに1枚の図がある。

Reserv_tank_01_1配管はこげんなっとったい!

リザーブタンクが2つあるばってん、右上のは多分オーバーフロー用の”受け”やろうね。

あってっかあ?(笑)

 

そもそもくさ、

俺のクルマのラジエターにはキャップが付いとらんったい!

もしあっても場所的にいじられん。どげんしたら良かと?

 

ラジエターが悪いのか、ヘッダータンクが悪いのか、それとも他の補器なのか。

これを交換する事で問題が解決してくれることを切にきぼー!

コレで治らんかったら俺発狂するばい(笑)

 

まずヘッダータンクだけ交換してみよっかな。

ラジエター高いもんねw

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2019年4月19日 (金)

危うしKimitech !

 

 

焦るー。

焦れば焦るほど失敗が増える。

本番に弱いタイプw

 

暗がりで作業してるんで、次の日仕上がりば見てがく然。

エアが入りまくりやし、角度も違う。

やり直し。

Rps20190419_062555 剥ぐのもひと苦労ばい。

Kimi はエアつぶだらけ。Racing は右肩が下がり過ぎで却下。

失敗したシールをいちから作り直しばい(泣)

 

間に合うのかKimitech!

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月15日 (月)

切りまくりで腰にきたw

 

 

天気が良くないのが幸い?

天気が良かったら泣いとったばい。

 

日曜の朝から晩まで切りまくりー。

ボディに貼るカッティングシート製作の3日目、いや4日目か。

目がくさ、老眼やけんねw

切り出しすシートのまん前にスタンドば倒して明かりを増して作業にあたる。

Rps20190415_065143 こんな感じでw

さらに拡大鏡をかけてまるでキテレツ君だ(笑)

 

この手の作業をしてて、いつも嫌になるんだわ自分の性格。

0.5ミリの誤差なんでどおでもいいやん?

それが気になってしょーがないったい俺はw

Rps20190415_065156 こんなん1m離れたら解らんやん?

こんなやけん、作業がいっちょん進まんとよ(笑)

 

TV見ながら作業ばしようけんね。

調子にのってきたけんて、ホイホイ作業ばしよったらトラップが待っとった。

あっちゃー。

Rps20190415_065206 要らんのは文字やった!!ばか~俺w

周りば残して文字を捨てないかんかったとに!(泣)

まあいい。

プランBに変更ぢゃww

 

昨日の夜までで、作業ほぼは終わったでござ~る。

本日よりいよいよ貼り付け開始。

お披露目できるのは週末やね。

 

腰いてーw

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2019年4月 8日 (月)

ボツ!

 

 

昨日は自宅から出られなかったんで、

ここぞとばかりに新しいカラーリングをイメージング。

青のビニールテープでびやーっとラインを描いてみる。

んんー。

ハネの部分がどうもしっくりこん。

Rps20190408_065100 画像で見ると悪くないっちゃねどね。

どうやらボディの段差が影響しとおごたあね。

続いたラインにはどうしても見えん。

なんか市場で使う手カギみたい(笑)

 

っちゅうわけでこの案はボツばいw

もちょっとアイデアを煮詰めます。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

お色選び

 

 

そろそろ、カッティングシートの色味を決めとかんとね。

ガレージの奥に色見本があったはず。

あーあった。

ホコリまみれの色見本w

Rps20190403_065735
懐かしー。

何の目的で取り寄せたっちゃろ。

全然思い出せんばい(笑)

 

この中から、お気に入りの「青」ば探さんとね。

Rps20190403_065724
どんだけーw

こんだけの青の中から、ベストな青を探す。

といっても、今使ってる青がお気に入りなんで、

それに合わせて選べばよいだけだ。

Rps20190403_065708 

上から3番目のマリンブルーか、4番目のビビットブルーかな。

どっちか悩むばい。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月 9日 (土)

どんな?

 
 
ちゃちゃっと作ってみたばい。
 
どげんかいなね。
 
 
ラインが太いとか細いとか。
 
ラインをもっと長くとか。
 
ご意見がありましたら是非伝えてくださいね。
 
 
なんかこう、
 
あと一歩煮詰まってない気がするったい。
 
あっさりしすぎ?
 
Kimitech_new
上のラインばも少し伸ばした方がいいとかいな。
 
 
センスねーなー俺(^^;
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

ほぼ出そろいました

 
 
今年のF-1はどげな展開になるっちゃろ。
 
想像しただけでワクワクするばい。
 
先日のチームも含め、アンベールされたチームのマシンをご紹介。
 
昨年のコンストラクターランキング順に発表します。
 
ベンツ。
 
Benz
どこかこのチームを撃破してくれ~い。
 
 
ふぇらw
 
Fera
どうか途中失速しませんよーにw
 
 
レッド・ブル。
 
Redbull
頼むぜHONDA!
 
このカラーリングは暫定のモノらしい。
 
 
ルノー。
 
Renault
黒&黄色のカラーが相変わらずきれかー。
 
 
マクラーレン。
 
Mac
今年も迷走する?
 
 
レーシング・ポイント
 
Rp
昨年ポイントの半分を没収されてなかったら・・・
 
 
アルファ・ザウバー、ってゆうの?
 
Alfa
キミちゃんのドライブで上位入賞なるか!
 
 
トロ・ロッソ。
 
Trorosso
RBのための走る実験車w
 
 
ハースとウィリアムズはまだのごたあ。
 
 
 
がー。
 
画像の編集つかれるー(笑)
 
 
コンストラクターのみなさん。
 
今年はできれば接戦でお願いねw
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧