2020年11月30日 (月)

曇り止め対策

 

嵐を呼ぶ男は辛かねえ(はぁ?w)

 

雨のたんびにドライヤー。

気が向いたらだけど(笑)

Rps20201130_060516 ライトシェルの裏ぶた開けて。

 

ロークオリティなのは解るけど、もうちょっと真面目に作って欲しいよな。

これだから英国民って・・・w

 

ライトシェルの先端に、ちっちゃな穴が開いとるんよね。

雨の日に、きっとそこから跳ね上げられた雨水が侵入するんだなきっと。

 

でくさ、なんでシェルの先端に穴が開いとるのかっちゅう素朴なギモン。

たぶん穴をふさいぢゃったら、シェル内が密閉状態になる。

のがまずいから?w

ライトONでシェル内の空気が熱により膨張、OFFで収縮。

この繰り返しがシェルにダメージを与えるから???

 

国産車のライトシェルも多分そうゆう構造だと思うっちゃけど、雨水なんて入らんよね。

ライトシェルに雨水が入らんような工夫をしとるとやろうね国産車は。

 

とゆう訳で俺もひと工夫。

使うのは目薬の容器、の先端部分。

容器本体は首のところをちょん切って、キャップの中に埋め込む。

キャップは先端に穴をほじって通気できるようにする。

2重のトラップ完成や。

Rps20201130_060535 容器はまだちょん切っとらん状態。

 

これをライトシェルの穴に接着剤を使って貼り付ける。

理屈では、これで雨水が入りにくくなると思うんだよねえ。

Rps20201130_060552 接着位置は勘でw

 

これで曇るようなら、このライトシェルは不良品だ(笑)

グレてやるw

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年11月13日 (金)

どろっどろ(^^;

 

ひさびさのオイル交換。

ちょうど1年ぶり^^;

 

アンダーパネルを外すところから作業は始まる。

ネジを外す事13本。

これだけで結構なえるw

Rps20201113_063646 内臓がぎゅうぎゅうw

 

出てきたオイルは予想通りのどろっどろw

計量しながらの作業で、今回は4.9リッターを排出。

Rps20201113_063658 計量後 廃油缶へ。

 

どす黒くなるわな。

6,800キロも走ってりゃ。

 

そげん走った記憶ないっちゃけど(^^;;;

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年11月 5日 (木)

コンサバやねえ

 

なかなか納得できるデザインが浮かばん。

迷走のまま今回デカールをマイナーチェンジ。

Rps20201105_044148 昨日の答えは右の「1」が5ミリ大きいw

 

すっきりコンサバが好きな人にはウケが良いんだろうけど。

 

俺はケバケバが好きなんだよっ!

 

いつかまた必ずケバケバにしちゃぁ~るw

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2020年10月22日 (木)

鬼の居ぬ間に! しり~ずぅw

 

昨日は会社が休み。

んで、かぁちゃんは朝からお出かけときたもんだw

やるなら今でしょ。

 

翼端板の塗装でござんす。

まずはサフェーサーを2回塗り。

Rps20201022_052340_20201022052401 天気よかね~ 塗装日和♪

 

乾いたら水研ぎして水っけをふき取って、念を入れてドライヤーも。

天日に干す事30分で塗装開始。

垂れないように。垂れないように・・・

Rps20201022_052348 ウレタン塗料のブラックメタリック。

 

近所中がシンナーの臭いで充満しとうと思われるねw

 

翼端板内側で2回、外側で4回吹いた。

出来はまあまあ。

16時ごろから湿度が急激に上がってきたんだよね。

それまでに終わらせられて良かったばい。

 

翼端板に差した棒を持って塗装するもんやけん、右手が毛深くなったやねーw

Rps20201022_052407 きっちゃねーw

 

今日は帰って必死ぶっこいて磨かなねー。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

Big 翼端板

 

日曜日。

する事がないので、ウィングの翼端板でも作ってみようかなぁーって。

意外にサクサクできたばい。

塗装はまだだけど。

Rps20201019_045730なかなかイケとろ?

 

翼端板の素材はアルミと樹脂のコンポジット。

新旧を比較すると大きさが一目瞭然。

Rps20201019_045741ベースを拡大コピーして縦横比を変えただけw

 

重さは従来の325gに対して119g。

古いのって、素材に何ば使っとっちゃろってくらい重い。

 

あとはサフ吹いてウレタン塗装して出来上がり。

有意義ないち日やったw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年10月16日 (金)

割れ目ちゃんパックリ

 

またコンプレッサーにトラブル(泣)

今度はジョイント部とかホースの破れぢゃなくて、タンクの亀裂。

溶接部分が腐食、やがてエアの圧力に耐えられんでパックリって感じ。

メンテを怠ったしっぺ返しやな。

Rps20201016_053020 亀裂から泡が(俺の唾液w)

 

溶接するのが王道やろうけどね。

その前に、ますこいつで試してみる。

JBウェルドー!

Rps20201016_053032 何と25年保証!?

 

硬化後はネジ切りもできるくらい強固なエポキシ接着剤。

2液を同量まぜ合わせ、最初は少量手にとり亀裂部分にすりこむ。

同時にコンプ排出口ホースより空気を吸い込む!

お口でー(笑)

クレヨンの臭いがした(>_<)

あとは亀裂に満遍なく肉盛りして硬化を待つ。

今日の昼には間違いなく完全硬化しとるはず。

Rps20201016_053049_20201016064002 2回塗りすべきだったかな。

 

帰って早速、空気を入れてみまーす。

結果はどうやろうね。

やっぱり一瞬で、ぷっしゅ~?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

塩っしお

 

このアングル、珍しかろ?

脚立に乗って撮ったわけぢゃねーぞ。

Rps20201013_061839 高さ2メーター。

 

ロングドライブ後の月曜日はやっぱきつかねー。

身体がだるだる。のーみそぽにょぽにょ~(笑)

 

そんな状態でもクルマはかまっちゃらないかん。

なんせ塩まみれやけんね。

見てんこの状態。

Rps20201013_061850 白いのはぜーんぶ塩!

 

宮崎の海岸線走ったら波しぶきがハンパなかったもんね。

 

とゆう訳で完璧とは言えんばってん、とりあえずぢゃぶぢゃぶ水ばかけてやったばい。

ほんとはさあ、ガレージの外にクルマば出してホースで水ば掛けちゃりところばってん、なんせ前が嫁の車で詰まっとうったい。

時期を見計らって外で洗ってやろうと思とりますー。

 

あと、下回りの馬の糞も洗っちゃらないかんね(^^;;;

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年10月 2日 (金)

やーめた!

 

今度こそはと挑んでみたが。

フィルムが硬すぎたばい。

どーにもこーにもにっちもさっちもw

伸びんし縮まん!

 

とゆうワケで、テスト用で少しだけ切り取った、ほぼ無使用の本体を無かったかのように箱に戻してあげましたw

Rps20201002_072032ヘラちゃん達もご一緒にw

 

当然、俺の収納庫@ガレージ行き決定。

Rps20201002_072041よっ!これぞホンマのお蔵入りw

 

シロウトが波打つポリカにフィルムを貼るのは無理とゆう結論はいかがでしょう(笑)

ガラスだったらうまくいったのかな?

 

フィルム貼りはこれでもう、

お・し・ま・い death ! 

202010020738

 

倍返しはしーませんw

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年8月25日 (火)

誰ぇ~にも見らんドレスアップ

 

デフューザーロッドにカーボン巻きました。

でももともとは、ロッド棒とカーボンのガワタンがセットやったと。

カーボンのガワタンにガタがあったけん、今までは付けとらんかったばってん、ガタつかんように対策を施し装着した。

Rps20200822_085240さりげなさすぎw

 

だれぇ~も見向きもせんどれすあっぷーw

 

このカーボン部品の存在をしばらくの間忘れとったw

この前まで新品のカーボンロッドを物色しよったもんねー(^^;

まあ高い部品ぢゃないっちゃけどね。

思い出せて良かった。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年8月22日 (土)

これがクセモンたい

 

やっぱさあ。

無色透明のシールドスクリーンってどうかと思う。

なんか存在感がないとゆうか。

主張してないとゆうか。

Rps20200821_064700 なんか味気なかろ?

 

でいつか着色しちゃろって思って買っといた液体フィルムスプレー。

吹きつけたあと乾いたらペラペラって簡単に剥がれるヤツ。

水性やけん何かと安心ではある。

値段は3,500円くらいでややお高め。

Rps20200821_064711 見た目はふつーのスプレー缶。

 

これがクセモンたい。

説明書には厚めに塗ってって書いとうったいね。

ばってんこの塗料、さらっさらで厚めに塗ろうもんならすぐに垂れてくるとよ。

おまけに色が薄いわ時折ダマになって出てくるわ。

そもそも俺、塗装が苦手やろ。

やけん綺麗に仕上げるのは正直至難のワザなわけ。

 

そうゆう前説がありまして本番に参りますw

丁寧にマスキングしたあと塗装面を綺麗に脱脂してからの2度塗り。

仕上がった作品を見て愕然w

ダマダマのむらむら(泣)

そうゆう事なんで全部ひっぺがしー。

お約束の!(笑)

Rps20200821_064723 ナニがどこにあると?w

 

こりゃ駄目だわ。

 

いちるの望みをかけ、今度は小さめのメットシールドで実験君。

スプレーすると相変わらずダマが混入するも、つまようじでそれらを取り除きながらの作業。

3回塗ってこんな出来栄え。

Rps20200821_064737 スモークになってんの?w

 

結局4回塗って、4回目で取り除けなかったダマが2粒(笑)

それはシールドの丁度目線の先w

やっぱこりゃ駄目だわ。

 

とゆうワケで、フロントスクリーンの着色はスプレーではなくフィルムにスイッチしたいと思います。

とんだ徒労やった。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧