2018年8月 8日 (水)

診断結果異常なし!

 

 

ショップからようやく呼び出しの電話。

すっ飛んで行ったばいw

 

メカちゃんから、

バラされたエンジンを目の前にひとつひとつ説明をしてもろた。

まずブロック部分。

Dsc_0237 ピストンを納めるケースは筒ぢゃないっちゃね。
 

水周り、オイル周り、共に異常なーし。

各シリンダーの傷も全くなし。

しかし1番ピストンの黒ずみが少し気になるところ。

 

ヘッド異常なーし。

Dsc_0238 バルブの棒?も曲がってないぞー。
 

ガスケットからの漏れなーし。

Dsc_0240 こんな薄くて良くシールできるもんだ。
 

カムとかが入ってるところ。

名称が全然わからぞー。シロウト丸だし(笑)

Dsc_0241 きれかー!
 

ウォポンの不具合、ガタなーし。

Dsc_0244 扇風機とおんなじ原理(はぁ?w)
 

ウォポンを納めるケースも異常なーし。

Dsc_0242 エンジン本体にくっついとうて知らんかった。
 

 

とゆう訳で診断の結果、

エンジンはほぼ異常なしって事やったです。

 

1番ピストンの黒ずみに関して、うちのチーフメカさんから、

オイルの混入があるのかもってお達しが。

バルブステムシール、オイルリング、ピストンリング、

あとウォポンとサーモも新調するようにと。

イエッサー! アイアイサー!

 

異常がなかったのは手放しで喜べるわけなのだが・・・

さあここまでおいくら万円だあ?

こっわ~~~。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月28日 (土)

経過報告

 

 

昨日、ショップに寄ったらエンジンが外されとったばい。

やっとって感じ。

依頼から1週間。

忙しいからか腕が悪いのか知らんばってんゆったりしすぎぢゃね?

まあ忙しっちゃろうねー。

 

まだヘッドをめくるまでは程遠い感じ。

Rps20180727_202825 まだミッションは外されとらん。
 

外見から見える異常は1ヶ所。

場所は運転席の真後ろ、オルタネーター(かな?)の真下にある

サーモスタット直後の配管からのクーラント漏れ。

熱でクーラントが結晶化しとった。

Rps20180727_202754 の左パーツってオルタよね?w
 

アップにしてみるとこんな感じ。

斜め上から。

Rps20180727_202635_2 内にサーモスタットが入ってる。
 

運転席側から。ほぼ真よこ。

Rps20180727_202720 クーラントの結晶が鍾乳石みたいだw
 

シロウトが考えるのは、水温が上昇する事により

ここから大量のクーラントが吹き出してクーラントがなくなりオーバーヒート。

これはメカちゃんにあっさり否定された。

なんでか解らんけど。

そうなんでしょうきっとw。

 

あと考えたのは、サーモが正常に作動しとらん可能性。

これは後日、テストにかけられるようです。

って俺がそう言わんかったら今装着されてるサーモは即、

ごみ箱行きやったばい(笑)

 

最終的なお支払いはまさかの大台?

色んな事ば考えよったら恐ろしくなるばい。

ぼちぼち金策ば始めないかん。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月30日 (土)

始業点検

 

 

ん。始業「前」点検が正しい?

 

昨日念のため、オイルの量ば確認してみたばい。

したら何とあんたw

オイルゲージの半分のとこまでしかオイルが入っとらんやないの。

補充すること400cc。

往復300キロ&ワンレース走って400ccのオイルを消費するなんて。

いやそもそも、オイルってそんなに減るモンなんけ?

 

やっぱどこからか漏れようとかいな。

その内にどばーーーっと派手にまき散らさんと良かばってんね。

 

以上、始業点検終わり!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

プロトタイプ

 

 

オーバーヒート対策!

といっても効果があるのかどうか。

 

ホームセンターでL字アングル材ば仕入れて、

炙ってひねって作った試作品。

形ができたら周りを黄色いシールでぐるぐる巻き。

ちょちょっと作ってみたよん。

Rps20180622_072216 3Dなパーツ製作は苦手ばい。
 

完成度ひっく~。

ま、プロトなんでこんなもんだ(笑)

 

ラジエターグリルへの走行風を積極的に取り入れるためのパーツ。

パーツ名は何つーの?

エア導入板?

かっちょよくゆうとヨコモジでは何てゆうんだろう。

フィン?カウル?

 

パーツだけ見ても解りにくいんで実際の装着図。

_20180622_072521 パーツがなみうっとる
 

10%ぐらいはエアの入量が増えるかなあ・・・

 

ん~・・・

 

やっぱクオリティ低すぎ(笑)

 

 

作り直さんけどーw

 

 

他に良い材料、作り方、他にないっすか?

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

梅雨なのに いっちょん降らんね

 

 

週末は気持ちいい天気やったねえ。

梅雨はどこに行ったっちゃろ。

 

シートのパット貼り付け完了。

8パッドになっちゃった。

Rps20180618_063350 ま、これでよしとするw
 

色味がイマイチかもね。

スポンジに着色げなしきらんしー。

黄色に塗れたらかっちょ良かったけどね。

 

問題は耐久力。

底の部分はどうしても足で踏んづけるけんね。

バージョン1と1.5はどっちも耐久力がゼロに等しかった。

 

どーでも良いけど。

踏ん「ず」ける

踏ん「づ」ける

どっちが正しっちゃろ?w

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

Six pads 製作ちぅ

 

 

今回のはバージョン2だ。

材質が前のとは段違い。

値段は3倍(泣)

 

ポロンスポンジってのを使って6パッドを製作中。

まだ仕上がっとらーん。

Rps20180615_062811 大きさは缶ビールを参考にw
 

当然?

たるんだ腹筋にこれを貼ったりはしなーいw

 

頭のてっぺんにも貼らなーい(笑)

 

どっちかとゆうと背中側w

 

スポンジのカットて難しいとよ。

切りよったらスポンジがよじれるっちゃんねえ。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

移植手術

 

 

AP1周のラップが29秒なんかあり得んめぇもんw

たまーにくさ、

0分台が記録されるっちゃんね。俺のラップタイマー。

Rps20180611_072554 ラップタイマーの数字を書きだしてみた。
 

これは誰もが想像する通り、

多分、セクターごとのタイムを表示しとーとやね。

第一、俺のラップタイマーは初期も初期型やけん、

セクターごとのタイムげな表示される訳がないっちゃん。

ゆえに俺のラップタイマーはほぼ死にぞこないとゆう結論w

 

運よくヤフオクで、同型でセンサーが欠品した本体のみってのを格安で手に入れた。

出品画像で確認はしとったっちゃけど。

外観がすこぶる良くない。傷だらけ。

そこで俺は思いついた。

現在使ってる本体の中身をごっそり取り出し、

ヤフオクで手に入れた中身をぶち込んぢゃろうってね。

まあゆうのは簡単。

 

精密機器やけんね。

配線とかチャラいわけよ。

ハンダでちょこっとくっつけとうに過ぎん。

そこら辺に気ぃ付けながら移植させたばい。

Rps20180611_072540 どげな使い方したらこげん傷だらけになると?(笑)
 

どっちも普通にON・OFFできた。

確認完了(笑)

 

あとは現地でちゃんと作動してくれるかだけやね。

個体差で100分の1秒くらい速く刻んでくれると良いなあ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

もーくたくた

 

 

GWホンチャンに走ろうと思うたら、

イヤミんごとトラブルが襲ってくるばい。

 

オイル交換なんとせないかんねえ、

って思うてクルマの底板ばはずしたらあんたw

右リアシャフトブーツのインナー内側からグリースがだだ漏れ(泣)

エンジンルームはグリースまみれw

きちゃねー(笑)

 

原因は見た目から多分、シャフトブーツのカシメ不良。

速攻ショップに電話して、メカに文句ばぶちまいた。

オイル交換を済ませてショップに急行。

診てもらうと案の定、カシメが緩んどったごたあ。

 

無事帰宅したあと、ワラにもすがる思いで或いは、

抜けかけの毛にすがりつく思いでプラグも交換してみたw

Rps20180502_063501 イリヂウムでっせ旦那ぁw
 

焦っとったけんかなあ、もーぐったり。

 

まあでもこれで準備は整ったばい。

GW、気持ち良く走ろー!

 

今回のメンテナンス料金?

払うワケなかろうもんw

ガリガリ君10個で手打ちたい(笑)

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

たまにはメンテ

 

 

俺の車には、背後にエアタンクばしょっとうと。

DRSを作動させるため圧縮した空気ばためるためね。

外から見るとこんな。

Rps20180409_094438 メッシュの奥に見える黄色のタンクがそれ。
 

局部をアップするとこんなw

Rps20180409_094424 牢屋の中のタンク みたいなw
 

去年の最終戦でDRSが壊れっしもうて、

急きょエアを抜かんといかん事態になったとばってん

焦っとったか知らん、ホースが抜けんでジタバタしたと。

そんな緊急事態に対応できるよう、

ひと捻りでエアを排出できるコックば仕入れたと。

 

作業内容としてはホースば1ヶ所ぶった切って

そこにコックば挿入させればOKなだけの簡単な作業ばってん。

それがくさあんたw

タンクに手が届くかどうかやっとのトコにあると。

配線やらステーやらに太い腕が引っかかって両腕ががさがさ。

これまた太い腹がボディに干渉して届きにくさに輪ばかけとったい(笑)

 

なんやかんや言うてもできるっちゃばってんねw

Rps20180409_094453 青いダイアルをひねればエアを瞬時に排出できる。
 

ま、性能には一切かんけーない改造やね。

 

そうそう。

こないだエアフィルターのメンテナンスキットば買って、

K&Nのフィルターばクリーニングしてやったと。

Rps20180412_065521 空の植木ばち~w
 

タイヤカスが多かったばってん、

ワラは出るわ小石は出るわのお祭り騒ぎw

こっちは少ぅしパワーアップに繋がっとうかもねー。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月16日 (金)

そら外れるわ

 

 

助手席フットエリアの一番奥、

そこに貼っつけてたエアコンプレッサーがポロンと外れた。

Rps20180315_071424 両面テープの跡が・・・
 

貼り付けは両面テープ。

いくら強力なリャンテといっても、毎度毎度蹴られりゃ、

そりゃあんたいつかは外れる日が来るってもんよ。

そもそもフロアに貼り付けること自体、そうゆう運命にあった事は明白ばい。

床にボルトは刺したくねえしなあ。

そうこう考えてる内に名案が思い浮かんだ。

 

奥の壁にリャンメンを貼ればよいのだ!

 

まあ普通に誰でも考えるよねーw

 

奥にリャンメンを貼ればだ、

蹴ったら蹴るだけひっつく訳だ!(笑)

コンプレッサーボックスの奥にビスの頭が2本出べそってるんで、

そいつを外してやればボックスの奥面はまったいら。

いけるねー。

 

ちなみにこっちは運転席側のフットエリア。

Rps20180315_071412 両足かかとのスレ跡がくっきり。
 

穴は開かんよね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |